【新生ToS】ドルイド変身動画紹介

主にR7MAPの元エリートをチェックしています。
デバフを付けたり、バフを付けたりできる敵のみ動画を撮影しています。



フィレント(ネフリタスの崖)・収監されたフィレント(第二魔族収監所)

植物・大型
S:周囲の敵に魔法攻撃100%程度の魔法攻撃
エフェクトは敵の数に関わらず複数発出ているように見えるが、敵が1体の場合複数ダメージが発生することは無い。
恐らく敵の数に応じて攻撃判定も増えているのでは。
また、単発では死なないはずの敵が、複数固まっている時にSを発動すると死んだりするので、一発一発が範囲攻撃なのかもしれない。
適当にポチってるだけで敵に当たってくれるので楽しい。派手。
D:動画内で使っていないが、力↔体力版のトランスポーズ。CD15秒持続10秒
使いどころが思いつかないが、現状オンリーワンの性能と思われる
使いどころは思いつかないが。



ビッグジャベリンパント(ターネット花園)

野獣・大型
D:周囲の敵に魔法攻撃100%程度の魔法攻撃
誘導能力が非常に高く、発生した攻撃は必ず周囲の敵に飛んでいく。
エフェクトと同じ数のダメージ判定がされているようで、HIT数が多い。
1HIT毎にデバフの判定が行われているようで、たまに「アーマーブレイク!」と表示される。
親善試合で使用し、プレイヤーにステータスを見てもらったところ、
「物理防御力が半減」する時と「魔法防御力が半減」する時があり、片方だけ発生したり、両方発生したりするそう。
ただし効果時間が非常に短いので、デバフ前提の狩りは厳しいか



ウベント(コバルトの森)

植物・大型

A・D:まれに極短い凍結を付与
確率があまり高くないので使い道はなさそう アイスブラストの起点に使えるかは不明



ボスホグマ(ジャカリエル交差路)

野獣・大型
※こちらは幻灯機様のツイートを見かけて詳しく調査しました。


D:ホグマアーチャー、ホグマソルジャー、ホグマファイターを1体ずつ召喚する。CD180秒、モンスターの持続時間90秒。
非常に珍しい味方モンスター召喚。時間経過で消滅するので宴会芸じみている。
まだ試せていないが、以前検証したブルーオーブと同じ挙動であれば、
ドルイドが召喚したホグマをオラクルがチェンジすることで、チェンジ後のモンスターが味方モンスターとなり、かつ持続時間の制限が無くなるはず。
ヴァカリネのオラクルさん検証手伝って・・・
仮に上記の仕様だった場合、手間はかかるものの画面外まで敵を倒しに行く味方モンスターを際限なく出すことができることになるため悪用は可能。

以前話題にした「Spectra」が日本での発見報告がないのも、「Spectra」がバットで魔族を埋め尽くした動画のせいかと思われるので、
修正されないようIDやギルドタワーで楽しみましょうね。
検証を手伝っていただきました!
結論から言うとオラクルでのチェンジはできませんでした。
TOS J BASE様でホグマを検索すると(こちら)、召喚できるホグマ3種にだけMaterial属性のものが用意されており、
モンスター名(カバリストなどで使用される内部的なモンスター名)がhogma_archer_summon等の為、こちらが召喚されているのかと
思われます。かなしい。



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です