【グラブル】アーカルム召喚石「ザ・スター」「ザ・サン」のメイン加護検証と展望

 

1.はじめに

属性100%UPメイン加護石がゴロゴロしているアーカルムシリーズの中で、フワッとした効果の「ザ・スター」君と「ザ・サン」君。
ちょっとだけしっかり調べてみました。

 

2.調査方法

以下の3条件にて戦闘開始から20ターン程度経過させた後、約500ターン通常攻撃を行い、TA、DA、SAの回数をカウントする。

 

条件その1

・ジータ単体で計測。基礎連撃率はDA6.5%、TA3%とする
・マスターボーナスはDA2%、TA1%
・ジョブはスバルタ。リミットボーナスはDATAに振らない。
・武器はメイン武器に光属性のSSR(二手、三手のないもの)を装備。サブ武器は空にする。
・召喚石はメイン召喚石にザ・スター(SR3凸)を装備。サブ召喚石は空にする。

条件その2

・条件その1に加えて、サブ武器に無垢なる竜の剣(ガフスキー:闘争)を1本装備 ※DA+20%、TA+20%

条件その3

・条件その1を基本とし、メイン武器の属性を火に変更。メイン召喚石をザ・サン(SR無凸)に変更。

 

3.結果

条件その1

 

条件その2

 

条件その3

 

というわけで、無凸サンと3凸スターについてはオメガ武器(及び通常二手・三手スキル)とは別枠で、TA+30%、DA+50%と思われます。

無凸スターの効果量を調べなかったのは、面倒だったのが半分、まぁサンと同じやろという考えが半分…だったのですが、
弱点属性がないことを理由に光闇だけペナルティをつける運営ですし、スターだけ効果が低い可能性はあることに後で思い当たりました…
僕はもう無凸に戻せないのでどなたかお願いします。(他力本願)

.展望

連撃も含めた通常攻撃のダメージ期待値については非常に優秀であり、
計算機に突っ込んだ感じではマグナ100×属性130をスター×属性130を上回ることもあるようでした。

ただし、その点についても、ガンバンテインやオメガ闘争で20%ほど盛るとその時点でトントンくらいになってしまうこと、
奥義やアビのダメージ低下、シュヴァ剣のHPUP効果の低下なども考慮すると、
やはりメイン加護として採用するのは厳しそうです。

SSR化で大幅に効果量がUPするか、アオイドスやハレゼナのような、奥義を撃つと通常攻撃の火力が上昇するようなキャラクターが増えることに期待しましょう。

 

2018/05/21追記

本日最終上限解放が完了しましたので最終調査を行いましたが、
300回でTA100程度と、SR時点とほぼほぼ変わらない結果となりました(ガッカリ

DAについては正確にカウントしていませんが、
ポンマス25%、最大開放ハールートマールート10%、LB10%の合計45%載せてもSAが出たので、恐らく50%のままかと思われます。

【グラブル】水着ゾーイ無しで闇有利古戦場EX+1ターンキル

 

1.概要

古戦場が近づくと見かけるようになる、初ターン1550万ダメージツイート。
普段であれば非常に参考になるツイート群なのですが、
闇有利古戦場の今回に限っては「水ゾ持ってない奴おるか?w」とばかりにゾーイ(サマーバージョン)が並んでおり、
ゾーイ(サマーバージョン)を持っていない騎空士の皆さんは歯がゆい思いをしているかと思います。

そんな皆様のために、条件付ではあるものの、水ゾ無しで初ターン1550万ダメージを達成できる編成を紹介致します。
ぜひご確認下さい。
なお、本選に間に合わせるため、色々詰められていない部分があります。各々武器の所持状況なども踏まえた上でご査収いただきますようお願い致します。

 

2.基本方針

・1ターン目に1550万ダメージを出す
・奥義ダメージで1100万ダメージ稼ぐ
・暴君でHPを下げ、ルナの2アビをかけた味方を敵の特殊行動で全滅させ、450万ダメージ稼ぐ
・ミスト、アマブレを外したときは諦める

 

3.編成

・前提条件
アサルトタイムであること(必須)
攻撃隊長アビリティ・副団長アビリティが発動していること(推奨 ちゃんと武器強化していれば少し削れるかも)
防衛隊長アビリティが発動していないこと (推奨 他団員との兼ね合いになる為、発動時には後述のメイン召喚石などで対応)
リミットアビリティ「味方全体HP」が振っていないこと(推奨 暴君武器増やせば振っていてもいいかも)

・キャラクター
スパルタジータ
防御デバフ・センチュリオンIIでルナを守る

ルリア
片面攻撃バフ・ジータをみちづれにする

ルナ
今回の主役 フェリを退場させ・単体で700万近いダメージを叩き出す

フェリ(SSR)
2アビが今回のコンセプトにピッタリ デバフすらも有効であり、ついでに墓場レベルも上げてくれる

ベアトリクス
生贄 奥義ダメージを出してくれてちゃんと死んでくれるなら誰でも良い
ヴァイトやナルメアは自己バフがあり脆いので一見良さそうだが、回避反射でしぶとく生き残る場合があるのでダメ

 

・武器
コルタナorオルタナ 5~6本(暴君) ※無凸混じりでもOK
麒麟弓(暴君・ダメージ上限UP)
麒麟剣(推奨 メイン武器用 奥義属性防御DOWN)


・召喚石
4凸バハムート(メインまたはフレに必須 奥義バフ)
デス(防衛隊長アビリティの対応用 無凸でもOK)

サブは適当に攻撃力高いの詰めてください

 

 

4.実践

 

 

 

5.あとがき

武器はスキルレベル5だの無凸だのが混じり、プラスもそこまで積んでいません。
ヘルマニビス(奥義上限UP)もありませんし、
ルナのLBもアビリティダメージ上限★1*4つしか振っていません。
防衛隊長アビリティをカットできるならばデスも必要ありません。その上で4凸バハ持ちならばメインに設定することでフレ石ガチャも解消できるでしょう。
比較的編成難易度は低くできたのではないかなと思います。

もう水着ゾーイなんていらねえな!

 

 

 

 

0

 

水着ゾーイ欲しいよぉ…

【グラブル】ガンスリンガーでDへイローAuto睡眠ハメ

はじめに

本記事を書くにあたり、各種検証を参考にさせて頂きました。
ポキールさん、すみさん、引用・リンクのご許可いただきありがとうございます!

1.概要

グラブル屈指の苦行である銀の依代集めを少しでも楽して集めたいが、
カグヤを入れたりトレハン9を粘ると時間がかかり事故る凡百きくうしがかんがえました

時間がかかる以外はデメリットもなく、
事故率低、準備が整えばあとはAutoでOK、課金要素も少なめと、ハードルが低いため、
是非皆さん活用していただければと思います

 

 

 

 

2.編成

・ジョブ
ガンスリンガー(必須)
レンジャー系列、カオスルーダー(必須・マスターボーナス用)
ホークアイ(必須・トレハンⅢ)

・キャラクター

ケルベロス(必須)
ルナ(必須)
スカーサハ(推奨・風アタッカー)
ソフィア(推奨・蘇生)
十天衆(銀依代)

・武器
コスモスPC(必須・武器の種類はなんでもよい) 
ファラウェイ(推奨・風属性でパラベラム弾 「のみ」 を装填可能な武器ならOK)



20170921追記
記事を見ていただいた方でファラウェイないよ~というツイートをされている方がけっこういらっしゃいますので追記。
実際に試してはいませんが、[グランブルーファンタジー(グラブル)攻略wiki/バレット一覧]を見る限りでは
条件を満たす銃自体はかなり多いです。

SRスナップハンス      (装弾数5)
SRレグロン        (装弾数4)
SR風依代の銃        (装弾数1)
Rペトロネル          (装弾数3)
Rハンドピストル       (装弾数2)
Nイーグルティアーズ (装弾数1)

N武器などは装弾数の低さが気になるかもしれませんが、装弾数1発でも睡眠ハメ自体は可能ですので、
とりあえず試すにはいいかと思われます。

 



20180409追記
名探偵コナンコラボで「小型自動拳銃」という風属性SSR銃が実装されました。

全弾パラベラム、EX攻刃付き、Slv15まで上げることが可能、奥義を撃ってもHPが回復しないという本記事について理想的な性能となっております。




・召喚石
ミスラ(必須・無凸でOK)
カグヤ(推奨・ホワイトラビットでも良いが時短と安定のため)

 

 

 

 

3.手順

基本
・開始時の並びを[ジータ/ケルベロス/ルナ/スカーサハ/ソフィア/十天衆]にする
・トレハンは随時使用する
・奥義は使わず、通常攻撃でのみターンを回す
・召喚でデバフを入れる場合、ダメージが発生すると睡眠が解除されるので注意する
・アビリティも同様。灼熱や毒などでも睡眠が解除されるので注意

手順
1)開幕のみケルベロスの2アビを使う
2)ルナの1アビでジータを殺す
3)ソフィアがフロントに出て来るのでジータを蘇生
4)ルナの1アビでスカーサハを殺す ジータがフロントに復帰
並びが[ソフィア/ケルベロス/ルナ/ジータ]に
5)ジータの3アビを使用し、バレットを補給。
6)ケルベロスでTAを出し、弱体耐性DOWN効果(累積)を4回以上付与する
 ここまで行けばクリア確定
7)スカーサハを蘇生
8)ソフィアを殺す スカーサハが出てくる
9)トレハンが9になったら操作終了 あとはAuto放置 防デバフでも入れる

 

 

 

4.実践

 

 

 

 

5.解説

・睡眠の付与率を100%にする
ポキール氏調査によって、弱体効果の命中率は、以下のような式にて求められることが分かっています。

「最終成功率=付与率×命中倍率」
・<付与率>:基本成功率+バフ等の成功率補正値
・<命中倍率>:{100-(敵の弱体耐性値+バフ等の弱体耐性補正値)}/100

マルチバトルでないため、複数回睡眠を付与しても、耐性は上昇しません。
よって、単純にこの値を100%以上にすれば、Dヘイローをハメ殺せます。

トライアルバトルで幾つか条件を変えて調査したところ、
スリープバレット睡眠の基本成功率はおそらく30%。…多分
それを前提としてDヘイローの弱体耐性を調べたところ、恐らく0。…多分
(※このあたり非常に調査が雑)

これが正しければ、前述の編成の場合、睡眠の最終成功率は以下のようになります。
付与率   = (スリープバレット30+ミスラ20+コスモスPC20+マスターボーナス7+LB5) = 82%
命中倍率  = [{100-(Dヘイロー耐性0 – ケルベロスサポアビ30)}/100] = 1.3
最終成功率 = 82*1.3 = 106.6(%)

 


・デバフ「睡眠」の特徴

睡眠には、以下のような特徴があります。

特徴1:通常攻撃を開始してから終了するまでの間に一度でも睡眠がかかっていると、
直後の敵の行動時に睡眠が付与されていなくても、敵の行動がキャンセルされる。

特徴2:睡眠付与後に対象にダメージが発生すると、解除される。
ダメージが発生しなければ、効果時間中維持される。

よって、睡眠付与率が100%であれば、
特徴1によって、ジータが通常攻撃を行った直後の敵の行動は、すべてキャンセルされます。

また、通常攻撃の行えない、リロードをするターンにおいても、
ジータを4番目に配置し、睡眠付与後にダメージが発生しないようにすることで、
特徴2により、前のターンに発生した睡眠が維持され、
リロードをするターンの通常攻撃開始時点で残っているため、
特徴1により、リロード直後の敵の行動はキャンセルされます。

 

 

6.展望

・両面カグヤもいける?
最終上限解放エーテリアルボウとコスモスPCの弱体成功率上昇が単純に加算されるならば、
両面カグヤでの睡眠ハメも可能と考えられます。

基礎成功率が30%、武器スキルで+30%、マスターボーナスで+7%、LBで+5%、クラリスなどを入れて+5%
Dヘイローの弱体耐性が0、ケルベロスの弱体耐性DOWN(累積)が合計で-30
前述のポキール様の計算式にあてはめると、

付与率   = (スリープバレット30+エーテリアルボウ10
+コスモスPC20+マスターボーナス7+LB5+クラリス5) = 77%
命中倍率  = [{100-(Dヘイロー耐性0 – ケルベロスサポアビ30)}/100] = 1.3
最終成功率 = 77*1.3 = 100.1(%)

4凸エーテリアルボウをお持ちの方はぜひお試し頂いて、ご一報頂ければ幸いです(丸投げ)

 

・アタッカーは闇属性のほうがいいのでは
動画を撮ってから気づきましたが、軌道に乗れば背水を無理なく使える為、
ケルベロスとルナに効果のある闇属性のほうがいいと気付きました。
水着ゾーイもいるし・・・(持ってないけど)

 

 

おまけ.片面カグヤとトレハン9の効果

カグヤとトレハン9でどの程度APが節約できるのか調べてみました。

すみ氏と有志の方がDヘイローについて様々な数値を調査されていますが、
エンジェルヘイローVHクリア時のDヘイロー出現率が約8%、Dヘイローの変身確率が約50%、
変身した時の依代のドロップ率は約5.5%と見られているそうです。(2017/09/19現在)

数式を見る限りでは、アイテムのドロップ確率は、基本となるドロップ確率に
「雫サポート」「風見鶏」「カグヤなど+オリバーなど+エッセルサポアビの合計」及び
「トレハン」の倍率がそれぞれ乗算されているようです。

上記のデータを参照し、銀の依代完成までにどの程度のコストが必要なのか計算してみましょう。
1.「雫サポート」と「風見鶏」のみ使用した場合、
「雫サポート:1.2倍」「風見鶏:1.2倍」の合計1.21倍。
変身一回当たりの銀片期待値が1.66個、完成までの変身期待値24.1回、VH約600週

2.無理なく可能なレベルのドロップ確率UP効果を使用した場合
「雫サポート:1.2倍」「風見鶏:1.2倍」「トレハン5:1.3倍」「オリバー:1.05倍」の合計1.9656倍。
変身一回当たりの銀片期待値が2.08個、完成までの変身期待値19.2回、VH約480週

3.片面カグヤトレハン9(本記事の内容)
「雫サポート:1.2倍」「風見鶏:1.2倍」「トレハン9:1.42倍」「片面3凸カグヤ:1.25倍」で合計2.556倍
変身一回当たりの銀片期待値が2.4個、完成までの変身期待値16.6回、VH約416週

4.両面カグヤトレハン9(展望の内容)
「雫サポート:1.2倍」「風見鶏:1.2倍」「トレハン9:1.42倍」「両面3凸カグヤ:1.5倍」で合計3.0672倍
変身一回当たりの銀片期待値が2.68個、完成までの変身期待値14.9回、VH約373週

本記事で紹介する編成を利用した場合、
今までトレハンを意識していなかった方は2000AP弱
火力編成でも500AP強程度は節約できるかと思います

【新生ToS】ぬいぐるみ持ちと思しきティニーの出現手順

1.はじめに
先日投稿した記事にて、該当のティニーがぬいぐるみを落とすまでやる!!
独占して売って大もうけや!!と意気込んでいたのですが、面倒時間を取るのが難しくなった為、手順を公開します。
前述のような状況であり、ティニーのぬいぐるみが落ちることは現時点で確定していませんので、
ガッツのある方のご報告をお待ちしております・・・。オウルロッドのドロップは確認できましたので、多分落ちるとは思います。

2.手順
シャウレイミッションの「冷ややかなティニー」にサムサラをかけて討伐→蘇生する。

以上です。
蘇生したモンスターは「ティニー」という名前になり、アイテムをドロップするようになります。

3.経緯
※tosjbase様にて得た情報が正しいことを前提としています。

tosjbase様でNPC検索をして遊んでいたとき、「ティニーのぬいぐるみ」をドロップするティニー(以下、ぬいぐるみティニーと呼称)の情報を見かけました。

配置MAPを見るとシャウレイミッションが含まれており、
「冷ややかなティニー」でNPC検索しても出てこないところを見ても
ClassIDから考えると、シャウレイミッションに存在する「冷ややかなティニー」と、「ぬいぐるみティニー」は同一である
と考えられます。

さらに、ClassID別のページにドロップテーブルが記載されているところを見るに、
ドロップテーブル自体はClassIDと1:1で紐づいている
と考えられます。

上記の要素から、ある考えに思い至りました
「冷ややかなティニー」がアイテムをドロップしないのは、ドロップテーブルにアイテムが存在しないのではなく
何らかの要素(隠しバフ?)でアイテムのドロップが制限されているのではないか

「冷ややかなティニー」から「何らかの要素」を取り除けば、アイテムをドロップするようになるのではないか

後の展開は早く、
片っ端から試してみるかと意気込みながら、まずはコレだと「冷ややかなストーンオルカ」にサムサラをしたところ
あっさりと「ストーンオルカのコア」が落ちてしまい、
オラクルを募集して、「ティニー」へリセットを繰り返したところ「オウルロッド」の表示を確認した為、記事にて募集を行ったという流れでした。

4.おまけ
まだ現物が確認できていないので仮定の話になりますが、上記の手順で「ティニーのぬいぐるみ」が手に入る場合、妄想することがあります。
そもそも、「ティニーのぬいぐるみはシャウレイで落ちる」という噂は、日本サーバー実装直後からありました。
しかし、装備しているキャラクターのSSは見つからない。コレは不思議な状況だったと思います。それはなぜか。

実際にはぬいぐるみを出したプレイヤーはおらず、噂はimc自身が流したのでは?
修正前のクソ長くて暇な松明防衛は、あえて暇にさせることでクロノにサムサラをさせるためだったのでは?
噂とサムサラによりドロップが落ちる光景を結びつけ、プレイヤー自身が隠された入手経路を発見することを期待したのでは?

だとしたらなんてエンターテイナーなんだimc…

【新生ToS】カードシステム変更で一番の出世株はマインローダーという可能性

昨日あたりから話題になっている韓国テストサーバーにおけるカード装備システムの改変について。
一部のカードが場合によっては非常に強力だと感じたのですが、一切話題になっていないので妄想をたれ流そうと思います。
注目のカードは「攻撃時、[★/3]%の確率で~」と記載されているものです。
ToSではアイテムの説明に「物理(魔法)攻撃時(すると)~」と記載されていた場合、
モンスターに「物理(魔法)攻撃が命中した場合に~以降の効果が発揮される」という内容になります。
逆に、「攻撃時(すると)~」と表記されている場合には、「物理/魔法の区別無く、攻撃が命中した場合に~以降の効果が発揮される」という内容になります。
「ゴブリンモーニングスター:攻撃すると、3%の確率で敵を3秒間スタン」などがこの例であり、
ウィザードのメイン通常攻撃(魔法)、サブ通常攻撃(物理)いずれでもスタンすることが確認されています。
このゴブリンモーニングスターについては、以前より一つ気になる点がありました。
それは「追加ダメージ系バフ(サクラメントやカフリサン等)を併用して通常攻撃をした場合、高確率でスタンが発生する」ことです。



明らかに3%ではない…なくない?



元の確率が低く、正確な値を出す為の作業はめんどくさ時間を要する為行っておりませんが、追加ダメージ系バフの数に発生頻度が伴っているように見受けられます。
別のテクニックではありますが、以前の記事でも紹介したピコピコハンマー+エンチャントライトニング+追加ダメージ系バフを組み合わせた際に、
追加ダメージ系バフの数だけ追加でスタックが貯まることを考えると、
追加ダメージ系バフの数だけ追加でスタン判定が行われている可能性は十分考えられると思います。

さて、仮にこれが正しく、かつ「攻撃時、[★/3]%の確率で~」と記載されているカードも同様の処理であった場合、どうなるか考えてみましょう。
★の合計が30 かつ 追加ダメージ系バフを3つ乗せた場合、
「通常攻撃1回で~以降の効果が1回以上発動する」確率は

 1-(0.9)^4=0.3439≒34%
敏捷が初期値であっても、サブ通常攻撃は秒当たり2回程度放つことができますので、
「通常攻撃を連打した場合、1秒間に~以降の効果が1回以上発動する確率」は
1-(0.9)^8=0.5695≒57%
実にこれだけの確率で効果を発生させることができます。
さて、ここで具体的にはどのような効果のカードが存在するか確認してみましょう。
ヴェルピードカード:6秒間移動速度+4
ラジャパールカード:6秒間出血状態
ビテレジーナカード:6秒間中毒状態
マインローダーカード:3秒間感電状態
ストーンホエールカード:5秒間ダメージ10%減少
注目すべきはマインローダーカードの3秒間感電状態です。
機械翻訳の為正確なところはわかりませんが、他よりも著しく時間が短く、
かつ現在の[ミノタウロスカード:物理攻撃時、[カード数]%の確率で3秒間スタン状態]と同じあたり、
スタン相当の行動不能デバフなのではないかと思われます。仮にスタンであると想定するとこれは非常に強力です。
20170727追記
マインローダーカードを拾いに行ったらマインローダー君が感電をかけてきました。
130ID全盛期には即死するから知らんかったナァ…
効果は物理防御力0、移動速度-10でした。残n…えっこれはこれで強い!!!「通常攻撃を連打した場合、3秒間にスタン物理防御力0、移動速度-10が1回以上発動する確率」は

1-(0.9)^24 = 0.9202…≒92%

と、なんと9割以上の確率で敵を殴り続けられるということになります。

まとめると、マインローダーカードの「感電状態」がスタンと同等の行動不能系デバフであり、
かつ、「ゴブリンモーニングスター」のように追加ダメージ系バフの影響を受ける場合、
通常攻撃を当てると34%の確率で3秒間スタン防御力0・移動速度-10。
その後通常攻撃をし続けることで92%の確率でスタンを更新可能。

ということになります。
タイマンならスタンしたらそのまま殺しきれそう
PVEではそうそう使い道がなさそうですが、PVPなら遠距離で高確率アーマーブレイクと考えると強いのかな…?

この計算は比較的容易に再現できる条件での話しですので、
敏捷やクイッケンによる攻撃速度上昇、(併用可能なら)ゴブリンモーニングスターによるスタン、
ラストライツによる追加ダメージ、その他設置スキルによる判定回数の増加、
以前紹介した偽SWCによる攻撃速度の増加等を一切考慮していませんので、まだまだ伸びしろがあります。
日本に来たら試してみたいものですね

【新生ToS】検証協力者募集 ドルイド カバリスト クロノマンサー

面白そうな現象を発見し、検証作業を行おうとしたのですが、
必要な職がかなり特殊な為用意できなかった為、有償にて人員の募集をしたく思います。
※金策ではありません。ご注意ください。

1)募集要項
あるクエストにて検証を行う為、クエストをほぼ終わらせている方、
終わっていない場合は、指定のクエスト進行(15分程度?)を許容して頂ける方のみとさせて頂きます。

カバリストC2またはドルイドC1    1名

クロノマンサーC1         1名

巫女              1名

2)内容
あるクエストにおける検証作業
スムーズに行けば10分程度で終了

3)報酬
カバリスト:500k程度の換金アイテム、またはジェム等
それ以外:200k程度の換金アイテム

4)連絡先
ヴァカリネサーバー「PongPong」、
またはtwitter「@Zakopong」までご連絡ください。

5)補足
内容について、本ブログで記事にするまでは他言無用に願います。

締め切りました。ありがとうございます

【新生ToS】ティニーのぬいぐるみを簡単に出す方法

を見つけたかもしれません。(若干タイトル詐欺)

正確には、公式フォーラムのきのこのやまだ氏の発言にある、
「フォレストパンツ」「オウルロッド」をドロップする「ティニー」を、オラクルスキル「チェンジ」を使用せず、容易に準備する方法を見つけました。

ほぼ間違いなく該当の「ティニー」と思われますが、「ティニーのぬいぐるみ」のドロップ自体が非常に低確率の為、現在確認できておりません。
協力者を募った上で、実際にドロップするかの確認をしたいと思っております。
ドロップが確認できた時点で手順を公開します。

誠に勝手ですが、過去の取引金額が私の想定より遥かに高かった為、手順の公開は見送らせて頂きます。金が欲しいんじゃ…ゆるして

1)募集要項
ルビ1オラクル1経由の方   1名
オラクル1経由の方       4名
※ドッペルドルゾナー、ソーマタージュ経由キャラクターを所持している方を優先
一日1時間程度行う予定です。
0.02%だそうなので、これが正しければ期待値で15時間ほどで落ちるかと思われます

2)内容
定期的に対象モンスターへ「リセット」をする

3)報酬
該当ドロップ「ティニーのぬいぐるみ」の売却益の分配
メンバー全員の同意が得られるならば、人数分揃うまで繰り返し、現物での分配

4)連絡先
サーバー「ヴァカリネ」 チーム名「PongPong」までご連絡ください。

締め切りました。ありがとうございました。

【新生ToS】ウィザード限定?擬似サブウェポンキャンセル 動画あり

◆更新履歴◆
20170707 エンチャントライトニングに関する挙動を追記

使い道がありそうななさそうな、でもちょっと楽しい感じの謎現象を発見してしまったので紹介します。

1.発端

まずはこちらの動画をご覧下さい。



本動画では次のように通常攻撃を行っています。
0:00~ メイン武器通常攻撃(Z)
0:10~ 補助武器通常攻撃(C)
0:15~ メイン武器通常攻撃(Z)直後に補助武器通常攻撃(C)を入力



Z→Cと素早く入力したときのみ、異常に素早く2回攻撃できていますね。
C→Cと入力するよりも明らかに早く攻撃が出ており、通常攻撃の手数が増えています。
イメージとしてはZのモーションをCでキャンセルしている感じでしょうか。
また、Z及びCに別のCDが設定されているような感じもします。
以後、この操作による2回攻撃を偽SWC(※サブウェポンキャンセル)と仮称します。

偽SWCについて、色々と試してみたところ、以下のような特徴が見受けられました。

・偽SWC成功時、C→Cと入力するより素早く2回攻撃することができる
・偽SWC成功後、Zを素早く入力してもメイン武器攻撃は発動しない
・偽SWC成功後、Cを押しっぱなしにすると、偽SWC→Cまでの攻撃間隔はC→Cと同程度
・C→Zと素早く入力しても偽SWCは発生しない
・偽SWC→C→偽SWCのように、偽SWCと偽SWCの間に少し間を空けると、問題なく偽SWCが発動できる。
・動画は敏捷300程度のキャラクターだが、敏捷が初期値のウィザードでも偽SWCが成功する
・クレリック及びソードマンで同様の操作を試したところ、偽SWCは成功しなかった。
※1キャラずつしか試しておらず、アーチャーも試していないため要検証

2.有効活用

せっかく見つけた現象ですので、有効活用できないか検討してみました。
この現象の強力な点は、補助武器の連打の合間にほぼ上乗せする形でメイン武器攻撃を挟める為、
同ステータスのビルドよりもより高密度に通常攻撃の連打を行えると言うところです。
となれば、「追加ダメージ」と「加算系ボーナス(ブレッシングや属性攻撃力)」をめちゃめちゃに盛って
とにかくバシバシ殴ったら結構強いんじゃないかと思い・・・・・・・・・・

リビルド待ちのR7ウィザードを一人潰して作ってしまいました。




供養

・キャラスペック
クラス:ウィズ1パイロ3クロノ3
スキル:エンチャントファイア15
クイッケン15
ステータス:知能極(316)
装備:カフリサンセット
スモールクリスタラスダガー
マックスペタミオン
ジャカリエルバングル*2
ヘアコス 属性攻撃力合計294
エラガノスカード★10*3



結論から言えば、普通に楽しかったです。HIT音がすごい。

操作については、とにかくタイミング良く連打する必要があり、
密着しないと攻撃が当たらないのに防御スキルが無い為、敵に隣接しながらジャンプで避ける必要があるなど、
とにかく忙しいです。
まるでアクションゲームみたいだぁ

ダメージ量については、現状でも自分は満足していますが、
知能振り、エラガノス★10*5、エンチャントライトニング、モンストランス書、マナハースセット、アグニネックレス強化、ポーラポーレセット等、
伸びしろはまだまだある為、もうちょっとがんばってみようかなと思っています。
ブレッシングの回数が恐ろしい速度で消費されるので、ブレッシング無しでも快適にシャウレイソロできるくらいには持って行きたいですね・・・。

どんなに頑張ってもネタビルドの域を出ることはないと思いますが、クロノとしての仕事はできるし、
敏捷無振りでも十分な攻撃速度が確保できるので、知能極+アグニで敵を焼いてもいいし、
そこまでクソビルドでもないかもしれません

ビルドの構成要素だけ見ると ぼくのかんがえたさいきょうのけいじしゃ 感がすごいのもオススメポイントです。
みんなも作ろう!双剣を携えた時と炎と雷を操る魔術師!

20170706追記

ファイアーウォール特性で炎属性攻撃がUPすることを忘れていました。パイロはやはり外せませんね。

20170707記

昨日エンチャンターに転職し、エンチャントライトニングの試運転をしていた際、
エンチャントライトニング中はピコピコハンマーのスタックが「追加ダメージ」回数分貯まる現象を思い出し試してみたのですが、
新生後も問題なく発生するようです。
ポーラポーレバフのスタックも「追加ダメージ」回数分貯まるならばかなり強力そうですね。

20170713追記

ある程度完成したため再度動画を取ってみました。
変更点としては、エラガノス8枚とスモールクリスタラスで敏捷100を確保。
首をアグニネックレスに。エンチャンターに転職しエンチャントライトニングを使用。
武器をピコハンに変更し、爆発ダメージを狙う。ファイアーウォール特性の炎属性攻撃力UPを利用。

ピコハンの爆発頻度が高くて楽しいですね…
ピコハンにもブレッシング・属性攻撃力が乗っているので結構なダメージになっています。
ここまで頻度が高いと、爆発のダメージをメインに据えてもよいかもしれませんね・・・

【新生ToS】ドルイド変身動画紹介

主にR7MAPの元エリートをチェックしています。
デバフを付けたり、バフを付けたりできる敵のみ動画を撮影しています。



フィレント(ネフリタスの崖)・収監されたフィレント(第二魔族収監所)

植物・大型
S:周囲の敵に魔法攻撃100%程度の魔法攻撃
エフェクトは敵の数に関わらず複数発出ているように見えるが、敵が1体の場合複数ダメージが発生することは無い。
恐らく敵の数に応じて攻撃判定も増えているのでは。
また、単発では死なないはずの敵が、複数固まっている時にSを発動すると死んだりするので、一発一発が範囲攻撃なのかもしれない。
適当にポチってるだけで敵に当たってくれるので楽しい。派手。
D:動画内で使っていないが、力↔体力版のトランスポーズ。CD15秒持続10秒
使いどころが思いつかないが、現状オンリーワンの性能と思われる
使いどころは思いつかないが。



ビッグジャベリンパント(ターネット花園)

野獣・大型
D:周囲の敵に魔法攻撃100%程度の魔法攻撃
誘導能力が非常に高く、発生した攻撃は必ず周囲の敵に飛んでいく。
エフェクトと同じ数のダメージ判定がされているようで、HIT数が多い。
1HIT毎にデバフの判定が行われているようで、たまに「アーマーブレイク!」と表示される。
親善試合で使用し、プレイヤーにステータスを見てもらったところ、
「物理防御力が半減」する時と「魔法防御力が半減」する時があり、片方だけ発生したり、両方発生したりするそう。
ただし効果時間が非常に短いので、デバフ前提の狩りは厳しいか



ウベント(コバルトの森)

植物・大型

A・D:まれに極短い凍結を付与
確率があまり高くないので使い道はなさそう アイスブラストの起点に使えるかは不明



ボスホグマ(ジャカリエル交差路)

野獣・大型
※こちらは幻灯機様のツイートを見かけて詳しく調査しました。


D:ホグマアーチャー、ホグマソルジャー、ホグマファイターを1体ずつ召喚する。CD180秒、モンスターの持続時間90秒。
非常に珍しい味方モンスター召喚。時間経過で消滅するので宴会芸じみている。
まだ試せていないが、以前検証したブルーオーブと同じ挙動であれば、
ドルイドが召喚したホグマをオラクルがチェンジすることで、チェンジ後のモンスターが味方モンスターとなり、かつ持続時間の制限が無くなるはず。
ヴァカリネのオラクルさん検証手伝って・・・
仮に上記の仕様だった場合、手間はかかるものの画面外まで敵を倒しに行く味方モンスターを際限なく出すことができることになるため悪用は可能。

以前話題にした「Spectra」が日本での発見報告がないのも、「Spectra」がバットで魔族を埋め尽くした動画のせいかと思われるので、
修正されないようIDやギルドタワーで楽しみましょうね。
検証を手伝っていただきました!
結論から言うとオラクルでのチェンジはできませんでした。
TOS J BASE様でホグマを検索すると(こちら)、召喚できるホグマ3種にだけMaterial属性のものが用意されており、
モンスター名(カバリストなどで使用される内部的なモンスター名)がhogma_archer_summon等の為、こちらが召喚されているのかと
思われます。かなしい。



 

【新生ToS】ドルイド経由ビルドについて

編集履歴
なし

記事内容に関する仕様変更の履歴
なし

1.概要

タイトル通り、本記事ではドルイドを経由するビルドについて記載します。
2017/5/31の大規模バランスアップデート時(以下、新生時と呼称します)の仕様変更も含む為、非常に長くなっております。ご了承下さい。
なお、筆者はドルイドが好きなのでドルイドを使うことは大前提です。「ドルイドなんてだっせーよな!」という方はお帰り下さい。

また、ステータスはINT型のみを考慮しています。
検討を開始した当初はSTR型やDEX型で物理クレリックを目指すことも考えていたのですが、ドルイドを有効活用しようとすると少なくともC2が必要。
必然的にR6,7が使えなくなってしまい、どうしてもインクC1かモンクC2を諦めることになり、
弾指神通またはゴッドスマッシュ+ブレーキングホイール+ペアーオブアングイッシュを諦めることになります。
C2のトランスフォームによるバフに上記の打属性シナジーを超えるほどのポテンシャルは感じられなかった為、忘れることにしました。
せめてモンクがR4ならなぁ

 

2.ドルイドの特徴(スキル編)

コルタスマタ

後述のカーニヴァリー、ストレアトロフの起点となるスキル。
設置範囲が広く、足元にも配置可能な為、上の2スキルはかなり柔軟に配置できます。
敵の種族を植物型にできる為、ティルトルビーの[特性:植物型ダメージ](※)や[カーヴ]、
ドルイドの[シェープシフティング]の条件を無理やり満たすことができます。

※鈍器着用時、植物型モンスターに特性レベル1につき物理攻撃力の10%の追加ダメージを与えます。
実際は最終ダメージが+20%になっているようでかなり強力。
ただし、ドルイドスキルではライカンスロピー時の引っ掻き以外効果が無い為、他クラスとの併用が望ましいです。
(最終確認:2017/03なので変更されている可能性はあり)

空中の敵には当たらない為、上記の恩恵は受けられません。マステマも空中の敵に当たるようになったしコルタスマタも変更して?

 

カーニヴァリー

ドルイドのメインウェポン
コルタスマタ範囲内の敵に最大25HITする範囲攻撃。
新生時に挙動が大幅に変更され、スキル説明のHIT数を頭割りするザイバス様の動作から、
範囲内の全ての敵(上限8体)にスキル説明のHIT数を与えるフロストクラウド様の動作に変更されました。
対多数については1体あたりのHIT数が増えたため非常に使いやすくなり、
逆に、対単体については最大攻撃回数が激減したためシャウレイの机破壊、水晶鉱山の旗破壊などには使いづらくなりました。
前述のコルタスマタの配置が柔軟に行えることに加え、カーニヴァリーはジャンプ中に使用可能な為、敵の攻撃を回避しながら発動でき、
非常に使いやすいです。
コルタスマタ同様に空中の敵に当たらない点が本スキルの大きなデメリットであり、ドルイド自体の弱点でもあります。

 

ストレアトロフ

コルタスマタ範囲内のすべてのPTメンバーに無敵状態を付与する強力な防御スキル。
エルマなどのノックバック攻撃を無効化できる(※)為、ポゼッションや神楽などのチャネリングスキルと非常に相性が良いです。
※どの敵かは忘れましたが、無効化できない攻撃もあった気がします。(未検証)
カーニヴァリーと同様、敵の攻撃を回避しながら発動でき非常に使いやすいです。

 

テレパス

目の前の敵を一時的に操作できるようになるスキル。
確認されている範囲ではトランスフォームと同じスキルを使え、空中の敵にも使用可能な為、
コルタスマタが当たらない飛行型悪魔などの所持スキルを調べる際に使用されます。
C3で[特性:群集制御]が追加。細かい挙動を調べている方がwikiにいらっしゃったので転載させて頂きます[参照3]

・消費SP+30。
・Lv1上げる毎に同時制御できる敵の数+1(Lv5で6匹同時制御)。
巻き込む範囲はターゲットとなったモンスターが中心となりコルタスマタより広く特性無し世界樹の彫刻より若干狭い
・同時制御はターゲットとなった=赤い線の繋がったモンスター(仮にリーダー)を巻き込まれたモンスター(仮にメンバー)が追随する形で行われる。
リーダーがAのスキルを実行すればメンバーも自身のAのスキルを実行。
但し、リーダーがDのスキルを実行した際、メンバーがA、Sのスキルしか持っていない場合、代わりにAのスキルを実行する。
・エリートモンスターはリーダーにはできるが、メンバーにはできない。つまり、エリートモンスターを複数同時制御して拘束するなどということはできない。
・なお、これは特性無し時でも変わらないが、制御中のモンスターは味方扱いとなるのか、ダメージを与えることはできない。
・Lv5→6の費用は1,446,950。本国情報によるとMAXはLv10?
・ピクミンみたいでかわいい

リセット期間が終わってから気づきましたが、後述のトランスフォーム対象の増加を見るに、今はエリート属性(仮称)が外れているようですし、
以前は群衆制御で操れなかったモンスターが操れるようになっているのではないでしょうか(未検証)
設置位置に難のある破魔矢に群集制御でまとめて押し込んだり、
アクラスビショップを11体まとめて操って、ポールオブアゴニー33本どーん!したり、
案外面白い使い方があるかもしれませんね。ドルC3のビルドを思いついたら試してみましょう(未定)

 

シェープシフティング/トランスフォーム

モンスターに変身するスキルです。
新生時の仕様変更の影響で色々と使い道が増えました。
恩恵は大きく分けて2つ。「1.特性によるパラメータの上昇」と「2.変身時にモンスタースキルが使用可能」です。
「1.特性によるパラメータの上昇」について
変身したモンスターのサイズ・種族によりパラメータが上昇します。
この特性の非常に強力な点は、ビルドを選べば変身を常に維持することができる為、本特性のステータスを前提としたビルドが可能という点です。
具体的には、ドルC3でトランスLv7を習得 or ドルC2でトランスLv5+クレ2ディバインマイト+ルビ2ライマ女神像 等が候補になると思います。

各特性のパラメータ上昇の効果量と評価は以下の通りです。

小型:回避+250
場所を選べば非常に強力 最大で回避率+36% DEXを振らない型のほうが効果高し
中型:小・中・大型に対する攻撃力が110上昇
魔法ダメージの底上げができるのは利点 効果量がちょっと少ない
大型:HP+75%
HPを10k単位で盛れる為非常に有用 ヘンジストーンと併用可能
動物:クリティカル発生+200
最大でクリ発生率約+24%と効果量自体は非常に強力だがINTドルとの相性はあまりよくない(後述)
植物:HP/SP回復力+50%
ドルでSP回復量が欲しいのはライカン時だと思うんですけど
昆虫:物理/魔法防御力+40%
強いとは思うが以前ほど顕著ではない 昆虫でスキルが強いモンスターがあまり見つからない

大型、植物、昆虫については効果が分かりやすいので説明は必要ないかと思います。

中型については、半年ほど前に調査した記録では、アルデダガー等と同様の効果であったと記憶しています。
武器攻撃力1000オーバーが当たり前の新生後では少し力不足かと思います。(新生後未検証)

小型については、まず回避率について説明しなければなりません。
回避率の算出については、公式によって詳細な計算式が公表されています。[参照4]

回避率: (max(0, evasion – accuracy)) ^ 0.65

要約すると、[攻撃側の命中よりも防御側の回避が大きい場合、その差分を0.65乗した値]%の確率で回避が発生する ということです。合ってるよね?
0.65乗される関係上、回避率が低いほど回避1あたりの恩恵が大きくなることになり、
最も効果の大きい 敵の命中とドルイドの回避が拮抗している(回避率0%)パターンの場合、回避率増加量は約36%となります
魔法攻撃には効果が無いなど使いどころが限られますが、320FD等ではそこそこのDODGE表示を見ることができます。[参照5]

動物については、クリティカル率について説明する必要があります。
クリティカル発生についても、回避率と同様に、公式によって詳細な計算式が公表されています。[参照4]

クリティカル発生率:(max(0, critical rate – critical resistance)) ^ 0.6

回避と同様、[攻撃側のクリ抵抗よりも防御側のクリ発生が大きい場合、その差分を0.6乗した値]%の確率でクリティカルが発生する となります。
こちらも最大効率であればクリティカル発生率増加量約24%と非常に強力です。
ただし、INTドルイドの場合まともな物理攻撃はライカンスロピーのスキルくらいであり、トランスフォームとライカンスロピーは同時使用不可、
STR/DEXドルイドは前述のようにドルイドを経由する理由が思いつかなかった為、現状あまり有効活用はできそうにありません。

「2.変身時にモンスタースキルが使用可能」について
新生前は非常に選択肢が少なく、宴会芸に近かったのですが、新生時、変身できなかったエリートモンスターに変身が可能になったことによりいくつかのモンスターは考慮に値するようになりました。
共通の特徴として、SPを消費しないこと、パスやライマ女神像などのCD軽減の影響を受けないことなどがあります。

ブロム(ミシュエカンの森)
Dが[倍率300%/15HIT/足元設置可能/小範囲/空中攻撃可能/CD20]の魔法攻撃。
エフェクトや性質が巫女スキルの破魔矢っぽいので一部で破魔矢と呼ばれています。
CD20秒とは思えない高倍率*高HIT攻撃の対空攻撃であり、ドルイドと噛み合いまくっています。
こちらは調査された方のツイート情報を元に使用感を試しました。[参照1]
ベヤ谷:ティピオ
Sが[中毒付与攻撃]。
中毒とは[3.5秒毎に敵の最大HPの3%相当のダメージを与える]状態異常。
敵の最大HPが多ければ多いほど時間当たりのダメージが増える為、WBなどで使用すると非常に高いダメージをたたき出す。
新生前はダメージの上限が最大199999であった為、1分あたり3.4mダメージだったのが、仕様変更により
新生後はダメージの上限が最大555555となり、1分当たり9.5mダメージまで上昇。約2.8倍の大強化となった。

上記の2要素より、現在のオススメとしては所持スキルを優先し、
普段使いはブロム、あまり長時間抱えたくない敵やHPの多い敵はティピオと使い分けると良いかと思います。
今後のエンドコンテンツ向けに、大型+昆虫など有用な組み合わせを探すのも良いかもしれません。
以前は変身可能な昆虫+大型モンスターは存在しなかったはずですが、
新生時に非エリート化したモンスターのうち、R7MAPのモンスターはまだしっかり調査されている方が居ないかと思いますので、
そのうち探してみてリストを作ろうと思います。

 

ライカンスロピー

狼に変身することができるスキル。
変身中にライカンスロピー用スキルを使用可能。
ライカンスロピー用スキルは[物理・魔法攻撃力を合算した値を元にダメージ計算される物理攻撃]という特殊な仕様であり、
物理攻撃なので命中が不足していると外れる可能性がある。クリティカルが乗る(未確認)。DEXによる攻撃速度の影響は受けない。
INT型での運用は、命中、クリティカル発生がネック。敵によってパラメータを調整する必要がある点が面倒
必要ステータスの確保さえできればCD0の小範囲攻撃は魅力的。装備が整うと化けるのかもしれない。

変身中、クリティカル発生+100、追加ダメージ(後述)10%を得る

追加ダメージ は最終ダメージを%で上昇させているようで、他クラススキルにも影響があるものとみられる。
少なくともヒールについては影響を確認できている[参照6]

後述のヘンジストーンを合わせると、実に最終ダメージが+30%となるため、攻撃面のバフとしては強力。

トランスフォームとの同時使用は不可。切り替えは可能だが、どちらもCDが長い為気軽にはできない。

 

ヘンジストーン

設置スキル。範囲内でクレリックの設置スキルを使用すると、スキルLv+1された状態で発動するらしい。(未検証)
メインは範囲内で変身した時のステータス上昇。
HP+100%、クリティカル発生+100、追加ダメージ20%と、なかなかの効果量ですが、
HP上昇はC2にも存在すること(併用は可能ですが)、
クリティカル発生が影響するドルイドスキルはライカンのみで、かつ物理クレリックはモンク+インクが強く、ドルイドは噛み合わないことから、
実質的に有効なのは追加ダメージ20%のみという少し微妙に感じるスキルです。
そしてその追加ダメージ20%についても、ヘンジストーン+トランスフォームの組み合わせでは何故か5%分しか反映されていません。[参照6]

 

3.ドルイドの特徴・サークル編

スキルの特徴を踏まえて、サークル毎に評価してみましょう。

C1
長所
・カーニヴァリーがC1にしては優秀
短所
・カーニヴァリー以外の利点がほぼ無い
C2
長所
・ストレアトロフのノックバック回避能力が高く、ポゼッション等が安定しやすい
・トランスフォーム特性によるステータスの増加
・ティピオに変身することで、HPが極端に多いWB等で安定した大ダメージを与えることができる
・ブロムに変身することで、対空攻撃を補うことができる
短所
・トランスフォームLv5がCD>持続時間な為、常に維持するために他のクラスが若干縛られる
C3
長所
・ライカンスロピー時、物理・魔法両方の攻撃力を参照する攻撃が、鈍器と相性良し
・ライカンスロピー時のCD0の小範囲攻撃が魅力的
・ライカンスロピー時の[追加ダメージ]効果10%
・ヘンジストーン+変身時の[追加ダメージ]効果20%
・トランスフォームの維持が容易
短所
・ライカンスロピーは命中・クリ発生・SP消費など考慮すべき点が多く、また敵によって必要な値が違う為面倒
・特にINT型の場合、STRによる命中補正が無い分、高命中が必要になった場合のハードルが高くなる
・トランスフォームとライカンスロピーを同時使用できず、交互に使うほどCDが短くない為どちらかが腐りやすい
・ヘンジストーン+トランスフォーム時、[追加ダメージ]効果が何故か5%しか反映されない(バグ?)

 

4.ビルド例

ⅰ)クレ2ルビ3巫女ドル2
ドルイドC3を使いこなすには十分な考慮が必要と感じた為、ドルイドC2を前提に検討。
クレ2のディバインマイトとルビ3のライマでトランスフォームを維持し、
近づいて来た敵をストレアトロフ+セイフティゾーンで抱えながら拍手フクロウ+カーニヴァリーで焼く
ライマの移動速度ダウンで停止した敵を遠距離から破魔矢+ブロム破魔矢で焼く・・・と想定して作成。
サルラス防衛戦などは非常に楽だったが、320FDなどでソロする場合、ストレアトロフ内で破魔矢を撃とうとすると位置の調整が非常に面倒であった。
現在はリセットしⅱ)へ変更済み

ⅱ)クレ2ルビ1サド3ドル2
ⅰ)の反省点を生かして、ストレアトロフの範囲内をじょうずに焼けるビルドを検討。現在は本ビルド。
セイフティゾーンとストレアトロフでノックバック攻撃を防ぎつつ、ブロム破魔矢、カーニヴァリー、ポゼッションで攻撃。
とにかく手数がべらぼうに多い為、ブレッシングとトランスミットプラーナがめちゃめちゃに猛威を振るう。

ストレアトロフのノックバック予防とポゼッション、ヒット数の多さとトランスミットプラーナが噛み合っており、
ドルイドである意味が比較的あるビルドなのでお気に入り。
320FDでの狩りの様子は[参照5]

 

[参照1]R8MAPのモンスターについて調査した胡桃さんの発言

[参照2]中毒ダメージの限界と思しき数値

[参照3]テレパス及び群集制御に関するコメント
こちら

[参照4]IMC公式によるクリティカル・回避に関する計算式の発表
こちら

[参照5]クレ2ルビ1サド3ドル2 320FD狩り動画

[参照6]
通常          4400
ヘンジ+トランス(ティピオ) 4619 1.05倍 スキル説明の1.2倍と大きく差がある。不具合?
ライカンスロピー       4840 1.1倍   スキル説明通り
ヘンジ+ライカン     5720    1.3倍  スキル説明通り